「510スレッドに対応したバッテリー(VAPE)が必要です」とは?おすすめのVAPEを4つ紹介

カンナビノイド

CBDやCBNリキッドの商品説明にある

「本商品のみでは使用できません。
510スレッドに対応したバッテリー(VAPE)が必要です。」

今回は「510スレッドに対応したバッテリー(VAPE)」について解説します。

規格に合わないVAPEを買ってしまうと
せっかく買ったCBD商品を吸えない
なんてことになってしまうので
よく読んで理解した上でVAPEを
購入するようにしてください。

CBDリキッドなどの
商品を取り扱っているショップで
VAPEを買うことをお勧めします!

今大人気のVAPE
ハイドロバブラー」です!!

むせずに美味しく吸えることで
VAPE業界に革命を起こしました!

今一番人気のVAPEバッテリー「ハイドロバブラー」

CBD界隈で今最も人気のVAPEです!
楽天市場でも
リキッドを吸うVAPEバッテリーの中で
今一番人気です!!

ハイドロバブラーが人気の理由

ハイドロバブラーが人気の理由は

  • リキッド自体の味を美味しく感じる
  • むせない

というメリットがあるからです!

しかも使い方も超簡単!

水を入れて電源入れたら後は
吸いたいリキッドカートリッジをつけて
ボタン押しながら吸うだけ!

>>大人気のハイドロバブラーはこちら!

VAPEとは

簡単に説明するとリキッドを吸うときに使う専用の機械本体を指します。

VAPEの意味は英語のvaporize(気化)の略です

CBDなどのリキッドを吸う際に必要なVAPEはヴェポライザーの略

写真で説明すると赤い丸で囲われている部分が「VAPE」(ヴェポライザー)で

青い丸で囲われている部分がリキッドの入った「カートリッジ」です。

カートリッジ単品で買う場合に510規格のVAPEが必要になります。

510規格のVAPEとは

510規格は簡単に言うとネジのサイズです。

サイズはM7×0.5

VAPE本体とアドマイザー(リキッドが入ったカートリッジ)を装着する部分のサイズを510規格と呼んでいます

ほとんどのVAPEが510規格で作られていますがVAPEを購入の際は商品の説明欄をきちんと確認しましょう

なぜ510規格というのか

サイズにある7と0.5という数字を使わずに

なぜ510という名前がつけられているかというと

最初にヒットした電子タバコの名前が510Tだったから

2008年に中国の「Joyetech」社が出した510Tという製品がそれまでの電子タバコの常識を変えるデザインと質感、煙の量で話題を呼び大ヒットしました

その後を追った他社も510の規格を採用し今に至るというわけです。

Joyetech社が510という名前を使った理由に深い意味はないそうで

「開発者の誕生日なのではないか」と言われています。

カンナビノイドとは

一応「カンナビノイド」も説明しておきます

カンナビノイドとは麻に含まれる化学物質の総称でその数は60種類以上あります。

CBD、CBN、CBGはカンナビノイドの一つです。日本では違法であるTHC、HHCもカンナビノイドの一種です。

失敗しないVAPEの選び方

購入するCBDやCBNリキッドの規格に合わせたVAPEを購入する必要があります。

※現在販売されているCBDやCBNリキッドのほとんどが510規格です

VAPEを一度も使ったことがない方が楽天市場などで「VAPE」と検索するとかなり種類があって迷うと思います。

なのでVAPEを持っていない方でCBDなどのリキッド用に購入を考えているのであれば

カンナビノイド製品を取り扱っている会社のVAPEを買うことをお勧めします。

カンナビノイド製品を扱っている会社のVAPEをおすすめする理由

カンナビノイドの効果を
実感してもらいやすいように
作られているからです

CBDなど、カンナビノイド製品のリキッドを使う場合ヴェポライザーの加熱温度の設定が重要

加熱温度が高すぎると有効成分が燃焼し、効果が薄まってしまいます。

それだけではなく加熱温度が高すぎると吸引時に喉が痛くなることもあります。

なのでカンナビノイド製品を取り扱うショップのVAPEを用意するようにしましょう。

せっかく安くないCBDやCBNを購入したのにVAPEをケチったせいで効果を感じられなかったらもったいないです。

せめてカンナビノイド製品を取り扱うショップのVAPEから選ぶようにしましょう。

「喉に負担をかけたくない方」や「むせたくない方」「高濃度リキッドを吸いたい方」
パイプ型バッテリー(バブラー)がオススメです!

こちらの商品も510企画のカートリッジに対応しています。

Hydro Bubbler -GBOX-

オススメのVAPEバッテリー

今回紹介するVAPEは全て510規格の商品で、バッテリーを充電できるタイプです。

以下3つのタイプに分けて紹介します!

  • 【むせない】パイプ型バッテリー
  • 簡単操作で初心者も安心のボタン無しリキッド専用タイプ
  • ボタン付きで余熱機能がありリキッドとワックス両方に対応している高機能タイプ
  • ワックス専用タイプ

【むせない】パイプ型バッテリー Hydro Bubbler -GBOX-(ハイドロバブラー)

CBDやCBNリキッドを吸うと
むせてしまったり喉が痛くなったりしてしまう方
高濃度リキッドを好む方などにオススメの商品です!

このパイプ型バッテリーを使うと
喉への刺激が軽減され口当たりがマイルドになります!
さらに電圧の調整もできるためテルペンの味わいを感じやすく
リキッドのフレーバー(味)を充分に楽しめます!

▼むせないVAPEバッテリーはこちら! 
Hydro Bubbler -GBOX-

ボタン付きで余熱機能がありリキッドとワックス両方に対応している高機能VAPE

Yocan B-Smart

プリヒート(余熱)機能つきで結晶化しているリキッドにも対応できます

さらにリキッドだけでなくワックスにも対応しているのでこれ一本持っていれば様々な510アドマイザーに対応できます

ボタン操作なので詳しくは写真をタップしてショップの説明をご覧ください

ワックス専用タイプのVAPE

airistech airis Quaser

直径11mmのスリム&コンパクトサイズのワックス用ヴェポライザー「Quaser」。今や超定番。

これまでのAIRISTECH の商品においては、もっともスタイリッシュでコンパクト。

それに加えて、プレヒート機能などオプションも満載です。

搭載されたQセルクオーツコイルは表面積を増やし、コイル内全体にムラなく熱が伝わる構造でワックスを効率的に気化してくれます。

ワックスを使いたい方はこちらがオススメです

まとめ

初めてVAPEを買う時は本当に使えるかどうか不安もあるかもしれません

CBDを扱うショップやCBDブランドが販売しているVAPEを買えば何の問題もないです

VAPE選びで迷ったらVapeManiaのサイトで「CBDデバイス」の人気商品を買えば間違いありません

vapemania728*90

関連記事

CBNレビュー

高濃度カンナビノイドレビュー

CBGレビュー

THC-Oレビュー

HHC-Oレビュー